English language requirements

〓英語スコア必要条件〓

オーディションに合格した方は、下記のIELTS(Academic)または、Pearson(Academic)のスコアの取得が
入学の条件となります。
翌年5月1日までに、スコアを取得してください。

・短期留学プログラムイヤーアブロード:   
IELTS 6.0 / Pearson  58

・大学学部課程 BMus :
IELTS 5.5 / Pearson  51 

・大学院 MA in Performance :
IELTS 6.0 /  Pearson  58 

・大学院 MMus :
IELTS 7.0 /  Pearson  70 

注)
Postgraduate Vocal Studies, pre-opera Prof.Dip または Opera Adv.Dip を受験する場合、
ListeningとSpeakingのスコアは IELTS 6.0 / Pearson 58 が必要になります。

※MA in Performanceコースは、IELTS 5.5または Pearson 51のスコアが取得できれば、
大学院サティフィケートコース (Postgraduate Certificate) への入学が許可されます。
但し、9月入学後に、アカデミー内での英語コース履修が義務づけられ、英語コース内で実施する
IELTSテストで6.0取得が必須となり、こちらを取得して頂くと、卒業時にMAの学位が授与されます。

【アイエルツ(IELTS)】 
・IELTSには特有の出題形式や傾向がありますので、まずそれを知ることから始めてください。
・テキスト問題集は、大きな書店(紀伊 国屋など)の洋書売り場などで、購入できます。
 またインターネットのAmazon.comでも、販売されています。
・できれば11月のオーディションまでに、一度IELTSを受けてみることをお勧めします。
・スコアは2年間有効になりますので、1回のテストで各セクションのスコアを獲得できなくても、
 数回に分けて、各セクションでスコアを獲得されれば大丈夫です。
 ただし、その場合は受験したすべてのテストの結果を、毎回、アカデミーのRegistryに知らせて頂く必要があります。

一般的な問題集として
<例>
 CAMBRIDGE IELTS with Answers  (Cambridge University Press)

  アカデミー日本オフィスでは、IELTS対策準備方法や、IELTS英語塾のご紹介などしています。
英語対策でお困りのことがありましたら、ご相談下さい。
 

<IELTS試験申込先>
・(財)日本英語検定協会
  www.eiken.or.jp/ielts/index.html

・Pearson Test of Academic English
世界多数の大学、大学院、政府機関のプログラムより認定を受けた、
新しいコンピューターを使用する英語テストです。
受験会場 は東京と大阪で、詳細および受験申込みは、以下のリンクをご覧ください。
 www.pearsonpte.jp/

Read more in English